IEEE ジャパン・オフィス

IEEE
メンバーシップ

160以上の国々にいる電気/コンピュータサイエンスを主としたエンジニアや科学者等の専門家約423,000人(日本国内には約14,000人)のメンバー数を擁します。

詳細

ソサイエティ&コミュニティ

39の専門部会と活動に応じた多様なユニットに参加してグローバルなレベルで活動ができます。

詳細

出版

論文、会議関連出版物を含め400万件以上を発行しています。ジャーナル、雑誌、トランザクションについては200タイトル出版しています。

詳細

国際会議の開催

2016年には、95ヶ国において1800件以上の会議やミーティングを開催(協賛含)しており、485,000人以上の技術専門家に参加いただいています。

詳細

IEEEスタンダード(標準規格)

IEEEは今日の通信、情報技術、発電製品とサービスの多くを支えている国際標準規格のリーディングデベロッパーです。策定中のもと合わせて現在1800件の標準規格をもっています。

詳細

Future Directions
- 今後の方向性 -

IEEEは重要で新しい技術分野のコミュニティを作り、将来実用化が期待される先端技術への様々なリソースを提供しています。

詳細

教育・キャリア形成支援

理工系、研究およびその他の技術分野において幅広い学習、キャリアの強化、雇用機会を提供しています。IEEEは国際継続教育訓練協会(IACET)の継続教育ユニット(CEU)を認定する機関として承認されています。

詳細

ボランティア・その他の活動

アウォード/助成金/フェローシップ/人道支援 など

詳細

ニュース

  • お知らせ

    IEEE Day 2018 新規入会プロモーション


    2018年のIEEE Dayは10月2日です。これを記念して、9月30日~10月6日迄に、新規でプロフェッショナル・メンバーとしてご入会の方に限り、初年度年会費がUS$30.00 お値引きとなります。※ お申込みにはプロモーションコードが必要です。詳細はこちらから



    【 IEEE Day について】IEEEの歴史は、1884年10月にニコラ・テスラやトーマス・エジソン、グラハム・ベルなど当時の電気技術者達がAmerican Institute of Electrical Engineers (AIEE )を創立し、史上初の技術会議をフィラデルフィアで開催したことに始まります。これに因んで、毎年10月の第一火曜日をIEEEの創立記念日 ”IEEE Day ”としました。

    IEEEの歴史について詳しくはこちらをご覧ください。

  • お知らせ

    IEEE Presidents Forum


    米国時間 9月27日(木)、コロラド州立大学 アルムニセンターにて IEEE President、IEEE President-elect および Executive Director がIEEEの今後についてプレゼンをいたします。また、皆様からのご質問にお答えするQ&Aセッションもございます。ご質問やコメントをオンラインでもお受けします。

    なお、このイベントはieee.tv にてライブ中継されます。是非ご覧ください。
    視聴登録はこちらから

    日時:2018年 9月28日(金)
    午前 9:00 - 午前 10:15 (JST)プレゼンテーション
    午前 10:20 - 午後12:00 (JST) Q&Aセッション

  • お知らせ

    IEEE Smart Grid 無料ウェビナー


    The Importance of the IEEE 2030-2011 Smart Grid Interoperability Reference Model 

     

    日時:2018年 9月6日(木)
    午前 3:00 - 午前 4:00 (JST)
    視聴登録はこちらから

        

    ※ IEEEメンバーで、IEEE Smart Grid Community のスポンサーとなっている13のソサィエティいづれかのメンバー様には、本ウェビナーのスライドと録音を9月9日までの期間ダウンロードしていただけます。     

    IEEE Smart Grid Resource Centerではこの他にもウェビナーやチュートリアル等多数ご用意しております。是非ご利用ください。

  • お知らせ

    2019年版 IEEE日本語パンフレットを作成しました。

  • お知らせ

    デンマーク・ライフサイエンスセミナー

    「機械学習が解き明かすライフサイエンスの謎~AIでビッグデータが語りだす~」

    デンマーク大使館は同国および国内の関連分野の専門家を招き標記のイベントを開催します。

    日時:2018年 9月7日(金)午後 13:30~午後 17:30
    会場:国連大学 5F エリザベス・ローズ・ホール(受付は2F)

    (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
    参加費:無料 (終了後はネットワーキング・イベントを開催)

    ※イベントプログラムおよび参加登録はこちら。

  • お知らせ

    IEEE Standards Association はデータ流通推進協議会(DTA)と
    「データ流通と標準化シンポジウム」を共催します(参加費無料)


    データ流通社会の推進には、様々なデータを取り扱う上で、国際標準化との連携が 重要な技術的課題になります。そこで、世界規模の国際標準作成団体の一つであるIEEE-SAとともに、データ流通やIoTにおける 国際標準化について、広く官民を超えて意見交換を行います。


    日時:2018年 3月 5日(月)9:30 AM ~12:00 PM

    会場: TKP 赤坂駅カンファレンスセンター ホール14C (アクセス)

        

    参加登録はこちらから(〆3月2日)

        
  • お知らせ

    IEEE Brain Fuel パネル・ディスカッション


    産業界およびテクノロジー分野のプロフェッショナルが直面している課題、また最近注目されている技術についての見通しについて専門家によるパネルディスカッションをieee.tvによるライブストリーミングで無料公開いたします。

    日時:2018年 2月17日(土)

    8:15 AM - 9:15 AM (JST)

        

    視聴登録はこちらから

        
  • お知らせ

    IEEE Workshop "Japan's Vision for Ethically Aligned Design"


    IEEE Standards Association は人工知能における倫理面での標準化を提唱する「Ethically Aligned Design (EAD) Ver.2」についてのワークショップを東京にて開催します。IEEE Global Initiative on Ethics of Autonomous and Intelligent Systems 関係者による基調講演もありますので、ぜひご参加ください。参加費は無料、言語は英語になります。

    開催日時:2018年3月5日(月)2:00 PM - 5:00 PM

    会  場:ヒルトン東京

        

    参加登録はこちらから

        
  • お知らせ

    “IEEE Into Focus” フォトコンテストのご案内

      

    width="160"

    IEEEでは会員の皆様にとってIEEEがどのような存在であるかを知りたいと考えています。“IEEEメンバーとして活動している様子”を写真に撮ってご応募ください。


    募集部門:WORKING 部門、LEARNING 部門、NETWORKING 部門、CREATING 部門

    応募締切:2017年12月31日(東部標準時)沢山のご応募ありがとうございました。

    2017年コンテスト結果はこちら

        
  • お知らせ

    IEEE 5Gテクノロジー・ロードマップ白書


    IEEE 5Gテクノロジー・ロードマップ・ワーキンググループは、「IEEE 5Gおよび次世代のテクノロジー・ロードマップ白書」を発表しました。


    詳細はこちらから

  • お知らせ

    The MOVE Project

    IEEE MOVEプロジェクトとして、ボランティアを募りハリケーン・ハービーの被災地に支援車両を派遣しました。携帯電話の電力とWiFiを供給し、被災者の通信手段の確保を行います。


    詳細はこちらから

        

  • お知らせ

    IEEE はTechEthics のポータルサイトをスタートしました。

    ここでは IEEE 関連分野で扱われる倫理問題や社会的意味を紹介します。


    詳細はこちらから

        

  • お知らせ


    次世代の子どもたちの生活にはどのような人工知能による影響があるのでしょうか。

    私たちは、乳幼児から老いに至るまでAI世代がテクノロジーから受ける影響をタイムラインにまとめてみました。


    ​詳細はこちらからから

  • お知らせ

    リスのザッピー

    変電所への小動物の侵入を許すと事故につながる危険性があります。IEEEはそのような事故を未然に防ぐための標準(IEEE1264: IEEE Guide for Animal Deterrents for Electric Power Supply Substations)を設けています。


    これにちなんだゲームを作ってみました。iOSとAndroidでダウンロードできます。

    詳細はこちらから


    参照:A World Without Standards - Lights Out

  • お知らせ

    日常の生活でIoTやビッグデータはどのように利用されるのでしょうか。また、セキュリティ・リスクはどのように扱われるのでしょうか。私たちIEEEは家から自家用車、オフィスから店舗などでデータがどのように利用され扱われるのかを360°パノラマで例示してみました。

    詳細はこちらから

        
        

  • お知らせ

    「IEEEは、世界中の科学者や技術者が差別されることなくキャリアを追及する環境にコミットします」

    width="100"

    カレン・バートルソン 2017年IEEE会長は、世界中のIEEE会員から寄せられた憂慮について声明を発表しました。
    全文はこちらから

  • お知らせ

    IEEE Smart Tech オンラインコース

    2016年秋にバーモント州クリスタル・シティで開催されたMetro Area Workshopでの講演をオンラインコースに編集しました。5G、システム・エンジニアリング、サイバーセキュリティ、ビッグデータ、IoT、システムエンジニアリングのケーススタディと応用など6つのコースをieee.tvで視聴いただけます。

  • お知らせ

    IEEEは2017年10月11~13日の日程でウィーンにて International Symposium on SYSTEMS ENGINEERING を開催します。
    詳細はこちらから

  • お知らせ

    IEEEは2017年5月25日にサンフランシスコにて The Vision, Innovation, and Challenges Summit (IEEE VIC Summit) を開催します。このサミットでは将来のビジョンを検討し、過去のイノベーションを讃え、克服すべき課題について議論するとともに、顕著な業績をあげられた方の表彰も行います。
    詳細はこちらから

  • お知らせ

    IEEE Standards Education eMagazine 最新号が発行されました。この号では IEEE 802 Standards and Smart Technologies が特集されています。

        
        

  • お知らせ

    IEEEはロボットがいかに人類のより良い未来に貢献するかをインタラクティブ・マップにまとめました。日本語もご利用いただけます。

        
        

  • お知らせ

    IEEEx 3月29日開講コースのご案内

    Innovation and Competition: Succeeding through Global Standards

    革新的な製品開発とビジネス成功のカギとなる技術標準について学ぶ入門コースです。


    受講開始日:2016年3月29日
    受講期間:6週間(勉強時間/週2-3時間)
    受講料:無料

  • お知らせ

    IEEE MOOCs

    IEEEはハーバード大学やMITによって創設されたオンライン教育プログラム「edX」と協働しています。edXのコースは会員・非会員を問わず無料で受講できます。
    詳細はこちらから

        
        

  • お知らせ

    運輸関連標準規格
    IEEE Standards AssociationはIEEE Standards Coordinating Committee on Transportation (SCC42)のメンバーを募集します。この委員会はIEEEの関連分野を横断的に編成され運輸関連技術の標準規格開発を議論します。
    詳細はこちらから

  • お知らせ

    無線LAN通信規格のIEEE 802.11は25周年を迎えました。

        

  • お知らせ

    "IEEE in 2030 Challenge"
    IEEEは産業界で活躍するエンジニアや専門家のニーズに応えより良いサービスを提供するための様々な提案を募集しています。その一環として、1年以内の短期で完結できるユニークなプロジェクトを募集します。
    詳細はこちらから

  • お知らせ

    "IEEE Internet Initiative"
    IEEEはインターネット・ガバナンスおよびサイバー・セキュリティやプライバシーと、これらの標準化にフォーカスした一連のウェビナーを提供します。
    詳細はこちらから

  • お知らせ

    IEEE Educational Activities は最新の教育関連活動についてニュースレターを発行しました。詳細はこちらから

  • お知らせ

    退職後(62歳以上)の方などに向け IEEE メンバーシップ料金やSociety メンバーシップ料金が半額になる ” Special circumstance options ” をご用意しております。詳細はこちらから

  • お知らせ

    IEEEメンバーシップ退会にあたり特別な手続きは必要ありません。

    翌年分のメンバーシップ更新申し込みをなさらなければ、12月末日にてメンバー資格が失効し自動的に退会となります。

  • お知らせ

    IEEEは英語が母国語ではない会員の方々に英語の技術用語に親しんでいただけるよう、字幕入りビデオをIEEE.tvで配信開始しました。字幕入りタイトルは今後も増やしてまいります。詳細はこちらから

  • お知らせ

    スマートグリッド通信の将来を見据えた802.24™スマートグリッド・テクニカル・アドバイザリ・グループの設置を発表しました。詳細はこちらから(PDF形式)ダウンロードいただけます。

  • お知らせ

    スマートグリッド環境整備のための無線データネットワーキングの新しい標準規格を発表しました。詳細はこちらから(PDF形式)ダウンロードいただけます。

  • お知らせ

    IEEEは世界各地のスマートグリッドに必要な新たな通信能力と運用能力を提供する4つの標準規格の更新と、1つの新たな標準規格開発プロジェクトを発表しました。詳細はこちらから(PDF形式)ダウンロードいただけます。

  • お知らせ

    IEC(国際電気標準会議)とIEEEは、原子力発電所に設置されている電気設備機器の状態監視向けの国際的な新ガイドラインを共同発表しました。詳細はこちらから(PDF形式)ダウンロードいただけます。

  • お知らせ

    IEEEは学生会員の皆様への IEEE Spectrum および The Institute の配布方法を2013年より変更いたしました。2013メンバーシップ・イヤーからはデジタル配信となり、バックイシューは2007年7月号までご覧いただけるようになりました。これにより配送の遅れ、欠品等が解消されるほか、省資源に貢献します。また、IEEE Spectrum はiPad, Android, Kindle Fire でもご覧いただけるようになりました。また、学生会員の方には従来通りのプリント版のみの受け取り、デジタルとプリント両方での受け取りのオプションもご用意します。詳細はこちら(ieee_spectrum)(PDF形式)からダウンロードいただけます。

  • お知らせ

    この度IEEEは、新たなメンバー特典といたしましてClements Worldwide社の定期生命保険サービスをご用意いたしました。医療検査の必要はなく18歳~65歳までのIEEEメンバーであればオンラインでお申込みいただけます。サービスの詳細およびお申込みはこちらをご覧ください。

IEEEからのごあいさつ

IEEEのメンバーとリーダーの皆様を代表しましてご挨拶申し上げます。このウェブサイトは、IEEEの活動や取り組みについてご案内する最新リソースです。どうぞこのウェブサイトをご覧いただき、皆様の支援をするIEEEジャパン・オフィスをご活用ください。


全文と原文はこちら


2018年会長 CEO
ジェームズ ・A・ジェフリーズ
President & CEO
James A. Jefferies


エグゼクティブ・ディレクター
ステファン・P・ウェルビー
Executive Director
Stephen P. Welby

メンバーサポート

IEEEメンバーの方は、このメンバー専用ポータル myIEEEでメンバー向け特典や情報をご覧ください。

IEEEおよびSocietyへの入会/更新

メンバー向け情報、製品、ディスカウント等がご利用できます。

入会更新

IEEE.tv

ieee.tv

科学技術とエンジニアリングに関する情報をお届けするインターネットテレビ番組です。日本語字幕付きプログラム(会員向け)もあります。

リソース